2011年03月22日

就職を決めた理由関連オススメ情報相続

おはようございます。

加藤です。

今朝、国税庁HPに下記の情報がアップされましたのでお知らせします。

納税地を所轄する税務署管轄外に避難されている方へのお知らせ 以下抜粋 ※※※※※ 納税地を所轄する税務署管轄外に避難されている方から 当然 したがって、これが達成できる人は、親からそういう財産を相続した人くらいかもしれません。

そうでなければ、少しは働いて、収入を得る必要があります。

著者のスタンスがわからなかったので、本書を読みながら不満が募りました。

また今大原では簿記論と相続税法を通学で 消費税法を通信講座で勉強しています。

心穏やかに過ごすことが出来る日が訪れる事を、お祈り申し上げます。

※※※※※ わかりやすい相続税・贈与税と相続対策(’09〓’10年版) 加藤厚税理士事務所公式HP はじめに 「相続」についての基礎知識 「法定相続」と「遺留分」 相続対策として 〓遺言 〓 納税資金準備 〓 節税対策 「遺言」の種類 「自筆証書遺言」について 「公正証書遺言」について 「秘密証書遺言」につい 相続にしても、なんと民法900条4項”婚姻外で生れた子(非嫡出子)の相続分は、婚姻関係の間で生まれた子(嫡出子)の相続分の半分である”は、憲法14条1項”すべて国民は、法の下に平等であって、.差別されない”に反すると、争っていました。

posted by こじー at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191904659

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。